NPOねこだすけ 習志野支部 ならしの地域ねこ活動
習志野市で地域ねこ活動を行っています♪ ねこと人が優しく暮らせる町になりますように。
--/--/--(--) --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 Trackback [x] |Comment [x]
 
またまた嬉しいお知らせを頂きました。あるマンションに住み着いて
しまったノラちゃん捕獲の為、捕獲器貸出の依頼がありました。
やはり、初めての方でしたから上手くできるかなと心配でしたが
この方もアッというまに見事に3匹成功です。

1匹はご近所さんが里親様になって下さり、2匹は保護主様の
お家の子にして下さいました。

これでそのマンションにノラちゃんは0になりました。
もう、きませんように。

みんな、みんな、幸せになあ~~れ\(^o^)/




 
2015/12/21(月) 22:25:27

ワンコの続き

我が家の初代ダックは奇病がありました。ダックスフンドに
多いが、それでも1万匹(って仰ったかな~?)に一匹ぐらいの
奇病だそうです。それを見つけて下さったのが、谷津遊園の
獣医さんでした。

ダックは年2回、その症状に悩まされました。症状は足の
甲の毛が無くなるのです。一見皮膚病のように見えます。
その無くなった体毛が皮膚の中に巻き込まれるのか、
其の時期だけ体毛が皮膚の内側に生えるのかわからないと
獣医さんも仰っていましたが、こにかく皮膚の内側に体毛が
溜まってしまいます。其の毛が神経に触ると、痛くてダックは、
部屋中、泣きながら走ります。その治療自体は簡単で、足の甲を
メスで切開し手で押すと血膿と一緒に毛の束がボッとでてきます。
これだけです。ただダックスフンドは神経質で麻酔をすると傷を
舐め壊してしまうからと麻酔なしでした。

今と違ってエリザベスカラーなどなかったのかもしれません。
それが可哀想でしたが兎に角、其の獣医さんしか分からなかったのです。

当時其の獣医さんは犬坊崎のマリンパークの館長さんも兼務なさっていて
そんなときに症状が出ると大変でした。

痛がるので他の獣医さんに行っても皮膚病の治療をされて、私とダックは
シュンとして帰り谷津遊園の獣医さんがおかえりになるまで待ちます。
まだ若く気の弱い私は緊急でいった獣医さんに治療方法をお知らせ
することはできませんでした。

初代ダックは谷津遊園の獣医さんに9年ぐらいお世話になり、そのご縁で
亡くなった時は、谷津遊園の動物のお墓に埋葬して頂きました。

ダックちゃんがなくなって初めてのお彼岸にダックちゃんに会いに行った時
獣医さんが仰いました。

獣医さん・・・・・「可愛いのが生まれているよ」

私・・・・・・・・・・「う~~ん、もう犬はいいです。でも、ちょっと見てきますね」

エヘヘッ、翌日もらいに行ってしまいました(*^^)v

それが前記事のダックⅡ世です。

明日は地域猫活動のお話で2,3か所の町会長さんにお会いして
きますね。

応援、後押し、何卒お願い致します<(_ _)>


 
2015/12/16(水) 02:10:25

ワンコ

」お正月ゴンとダック
























懐かしい写真です

近頃、私又一つお利口さんになりました。スキャンができるように
なりました。それで古い写真ですが、ならねこブログを私物化して
アップさせて頂きました。

写真左の子は、昔谷津に「京成谷津遊園地」という遊園地と動物園が
一緒になった施設があり、そのなかにさらに「こども動物園」といって
小動物がいるスペースがあり、鯉やらウサギ、犬などがいてこの黒い子は
そこで生まれました。
お母さんはとっても、とっても美人でスタンダートな茶色のダックスフンド、
お父さんは狆でした。今はやりの、わざと作ったミックス犬でなく、ちょっとした
獣医さんの不注意でできてしまったこです。

名前は以前いたダックスフンドの名前をもらって、ダックⅡ世です。

この後この子、テーブルのエビフライを盗みました。

ダックちゃんエビフライ














このとき猫8匹、きょうはなにをお話したかったかというと
えす。「多頭飼いのすすめ」です。
勿論、あくまでも皆様方の許容範囲内でのことです。
許容範囲を超えると、動物も人間も不幸になります。
多い時で犬4匹、ホントに楽しく面白かったですね~。

お話が長くくなりますので、この続きは次回にさせて
ください。

あくまでも多頭飼いはご自身の許容範囲内です。

宜しくお願い致します<(_ _)>






 
2015/12/12(土) 17:07:34

町会廻り

忘れていました。其の方は以前ならねこにご相談下さいまして
お住まいの飼い主のいない猫のTNRも済んでおり、大家さんにも
了解を頂き、トイレも作って下さっている方でしたが、ご近所から
嫌がらせを受けているとご相談がありましたので、ならねこセミナー
が終わったら、其の方のお住まいの周りを「地域猫活動」のご案内で
廻りますよとお伝えしておきましたが、セミナーのあと色々なことが
起き、すっかり忘れていました。で、行ってきました。

こんな時、県の動物愛護推進員を委嘱されているのは、大変
有難いです。最初に「猫」という言葉を出さないのと「県の・・・・・」で
猫嫌いの方も少し聞く耳をもってくださるようです。


回覧板でならねこパンフレットと県のリーフレットをまわして頂くよう
お願いした2か所の町会も年内にドアtoドアで地域猫活動の広報を
してまいります。
何故このような地味な作業をするかといえば、この2か所の町会の一つに
問題を起こされてしまいまいた。この地域もまだまだ「地域猫活動」のことを
ご存じなのはホントにわずかです。このままでは、「地域猫活動」の言葉だけ
独り歩きしてしまって、住民の地域を守るという意識は育ちません。

地域猫活動は地域住民の手作りです。


もう一か所の地域はこの地域の隣だから、ならねことしては危機感を覚えています。
地味でも地道な作業です。

ならねこにとってどの地域も大事です。

猫が幸せなら、人も幸せ。人が幸せなら。猫も幸せ。

手を貸して下さい

いのちにやさしいまちづくり


 
2015/12/06(日) 02:43:16

市の助成金

今年度は助成金の助成金申請者が多く、抽選となりました。
今月半ば頃に、当選者に許可書が届くようです。その日から
起算して90日以内に手術すればOKです。

が、ならねこ関係者は本格的に寒くなる前に済ませてあげたいと
ぼちぼち朗報が入ってきています(*^_^*)

一人は3匹目ぐらいですから心配はしませんでしたが、もうお人方は
初めてでしたので、すこし心配でしたが、昨日明るい声で連絡が
ありました。仕掛けに使う餌が凄い威力だったと驚いていました。

当ブログにお越し下さる皆様はご存じだと思いますが、ブログ上では内緒
です。あと2匹、頑張ってくださるそうです。

勿論、市に申請済みの方もいらっしゃいます。当選しますように。

助成金の申請期間も今一度考えて頂かないといけませんね。
1次の申請期日は県の動物愛護月間に合わせて6月、2次は
動物愛護週間に行われる県の動物保護管理協会の助成金の
抽選に落ちた方も考慮に入れて11月の申請です。(動管協の
助成金申請は9月の動物愛護週間で、抽選結果は10月末
です。しかも、飼い犬飼い猫のためのものです。)

1次の申請期日は暑い季節に、2次は寒い季節に手術しなくては
ならなくなります。

本当は期日なく通年んで申請できるとよいのですが、それが
無理なら猫にとって負担にならない季節に申請期日をずらして
頂きましょう。

また、所管にお願いしますね。

応援、宜しくお願い致します<(_ _)>

月下美人

月下美人、兄の存命中は年2,3回咲いてくれました。
兄が亡くなってからは面倒が見られないので、養子に
だしました。どうしているかな~?
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。