NPOねこだすけ 習志野支部 ならしの地域ねこ活動
習志野市で地域ねこ活動を行っています♪ ねこと人が優しく暮らせる町になりますように。
--/--/--(--) --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 Trackback [x] |Comment [x]
 
2013/01/30(水) 00:28:00

苦節10年

さび猫ちゃ~に彼女が餌をあげ始めてから10年が過ぎました。
6,7年が過ぎた頃から彼女の足にちゃ~は体をすりつけるようになりました。
そして年をおうごとにちゃ~ほ背中を触らせ、体全体を触らせ、
少しならお腹に手をまわし持ち上げることもできるように
なりました。其のたびに彼女はほのぼのと喜びを感じていました。
ある日からちゃ~は別れを惜しむようになりました。
餌を食べ終わってからも、その場からちゃ~は動こうとしないのです。

「ちゃ~、母さん帰るよ」と言うとしぶしぶとついてきます。
彼女を送りながら人家の庭に姿を消すのです。

「ちゃ~、一緒に暮らしたいね~。母さんの家はあの道をまっすぐ
行ったところなの。ついておいでよ」

と彼女は歩きながらちゃ~にはなしかけました。

でも彼女は迷ってました。

10年以上も外にいたちゃ~を家の中にいれて大丈夫か
先住猫に馴染んでくれるだろうか、ちゃ~にとって
本当の幸せは何なのかと迷いながらも「ついておいで」
と言っていました。

ある日、買い物に行こうと車に乗った時、彼女の家の
周りでは見たこともないさび猫の胴体半分をみました。

しっぽはヒョロヒョロと長く上にのびていました。

「あっ、ちゃ~だ。様子を見に来たんだ」と彼女は直感
しました。

彼女は決心しました。  「やはり連れてこよう」と。


                     
                      つづく


お知らせ

市の公園緑地課に動物遺棄虐待防止ポスターを公園などに
掲示して頂きます。

ご希望の公園など御座いましたらお申し出でください。



スポンサーサイト
 
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。