NPOねこだすけ 習志野支部 ならしの地域ねこ活動
習志野市で地域ねこ活動を行っています♪ ねこと人が優しく暮らせる町になりますように。
--/--/--(--) --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 Trackback [x] |Comment [x]
 
2016/01/03(日) 02:19:40

新年のご挨拶

あけましておめでとうございます。

PCが苦手なものゆえ、ブログをお正月らしいものに
なかなかできなくて、こんな写真を使わせえて頂きました。
鏡獅子









江戸城大奥のお正月行事を題材にした舞踊です。
全く猫とは関係ありませんが、お正月ですから少し息抜きです。
そう、「春興鏡獅子」です。鏡獅子といえば獅子姿の写真が
多いですが、私はこの弥生姿のほうが踊りも姿も好きです。

亡き勘三郎さんの鏡獅子が好きで、よく歌舞伎座やテレビの
画面にかぶりつきになったものでした。


さあ、話を猫にもどしますね。
今年も沢山、課題があります。

一番頭を悩ませているのが、餌やりさんの高齢化。其の為にも
正しい地域猫活動をお知らせして飼い主のいない猫を其の地域の
地域社会に受け入れてもらわなければいけません。

おさらいさせて下さい。
地域に生息している猫=地域猫 ではありません。
地域の住民が餌やりさんでも地域猫ではありません。
耳カットしてあっても地域猫ではありません。
耳カットは、不妊去勢手術が済んでいる目印にすぎません。
 
地域猫とは

その地域の地域社会に受け入れられた猫のことです。
松の内からくどくどと、申し訳ございません。
しかし地域社会に受け入れられてこそ、飼い主のいない猫の
幸せはあるのです。

いのちにやさしいまちづくり

今年も頑張りま~す。

応援、何卒お願い致します<(_ _)>






スポンサーサイト
 
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。