NPOねこだすけ 習志野支部 ならしの地域ねこ活動
習志野市で地域ねこ活動を行っています♪ ねこと人が優しく暮らせる町になりますように。
--/--/--(--) --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 Trackback [x] |Comment [x]
 
2015/08/22(土) 02:02:56

残念でした

県の無料船(飼い主のいない猫対策事業)には乗れませんでした。
申し込んだ時点で予定数の100匹は越えていましたので
仕方ありません。
しかし、自治会費で賄うとしてもちょっと見たよと言うぐらいの猫を入れると
50匹ぐらいの猫が居ます。TNRも保護もボランティアさんがしてくれています。
歩く時間を変えるとニュウフェースに会うそうです。
自治会の負担が少しでも軽くなるように安く手術をして下さる獣医さんを
考えると、やはり南葛西の獣医さんしかいません。

搬送時間を考えても県の事業は柏の東葛支所まで連れて行かねばならず、
南葛西は高速を使えば30分ぐらいで行ってしまいます。

ならねこもこの病院がオープンしたころにはお世話になっていましたが、
今は搬送できる人がいなくなり、TNRして下さる方も近くが良いと仰るので
近くの病院を紹介しています。
なにはともあれ猫会議をして方針を決めます。

今回、できたばかりの「千葉県値域猫連絡協議会」で県と習志野市に
提案したいことが二つできました。
一つは県の事業も5年間で終わりですので来年までです。5年では、
あまりにも短い、少なくても後5年は続けてほしい

二つ目は習志野市の助成金は市内の獣医さんでしか使えません。
残念ながら市内の獣医さんは手術代が安くはないので市民の方の
負担が大きくなってしまいます。ですので他都市の獣医さんでも
助成金を使えるようにしたい。

この二つをならねこは千葉県地域猫連絡協議会で話し合い、
県と市に提案させて頂きます。

スポンサーサイト
 
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。