NPOねこだすけ 習志野支部 ならしの地域ねこ活動
習志野市で地域ねこ活動を行っています♪ ねこと人が優しく暮らせる町になりますように。
--/--/--(--) --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 Trackback [x] |Comment [x]
 
2015/04/21(火) 21:21:38

公民館

習志野市の「地域猫」「地域猫活動」が間違った方向に
歩いて行きそうな危惧を感じた「ならねこ」は、月1回、
習志野市の公民館、コミュニティセンターなどで「地域猫活動」
の啓発、広報をしょうと決め今月は新習志野公民館でした。
来月は、谷津公民館です

習志野市はまだまだ地域猫活動への意識が薄く
地域に生息する猫=地域猫
TNR・里親探し=地域猫活動だと間違った解釈を
している方がいて困っています。

ボランティアが猫問題の先頭にたってしまうと
その地域の問題意識が育ちません
また何かあったら、猫が増えたらボランティアに頼めばいい、
となります

地域猫活動は以前NHKの番組にあった「御近所の底力」で
成り立ちます

ですから、ならねこは各公共施設などをまわって、啓発・広報
をしていきます

が、習志野市の長期計画で「公共施設再生計画」が重点プロジェクトの
第1に位置づけられているそうです

今でさへ少ないと思っているならねこは何処でセミナーを開けばよいのでしょうか

公民館は殆どが廃止、統合される計画だそうです。
各公民館はサークル・団体がひしめいています。
近くだからサークルに参加できていたお年寄りは、参加が難しくなって
きます。行き場所がなくなったおとしよりは、ボケてしまえとでも
言うのでしょうか?

器が減っても日数・時間はかわりません。溢れかえったサークル・団体に
どう対処するのでしょうか?

そこで、この統一地方選挙に「ほっとけにゃ~い」
と市長に立候補して下さった方がいます。

此の方に頑張って頂いて公民館は何とか残したい

財政困難であれば、立派な市役所はいりません。公民館が古くなれば
プレハブでも良いのです。

大事なのは習志野市の中身です

「習志野市文教住宅都市憲章」は決して建物を充実させろとはいっていません

大久保1丁目松本

こんな猫を早くなくしたい。

私たちから、広報活動の場所を奪わないで


スポンサーサイト
 
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。