NPOねこだすけ 習志野支部 ならしの地域ねこ活動
習志野市で地域ねこ活動を行っています♪ ねこと人が優しく暮らせる町になりますように。
--/--/--(--) --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 Trackback [x] |Comment [x]
 
ふなねこさんのニャンポジウムからあれよあれよというまに
一ヶ月が過ぎ去ってしまいました。
今回は30数人お集まり下さって、なかなか盛況でした。

ふなねこセミナー
写真の調整がうまくいかずすみません

船橋市動物愛護指導センターによる「船橋市ねこの飼育・
管理に関するガイドライン」について、ふなねこ代表さんに
よるパワーポイントによる地域猫活動の説明など、今回はそのあとの
代表さんとメンバーさんによる野良ネコ問答が面白かったですよ。

しかし、人が沢山集まるといろんなひとがいます。
其のあとのねこ何でも相談会に前のコーナーでした野良ネコ問答
をものともしないで猫嫌いオーラを振りまいている方がいました。
ふなねこ代表さんがいろいろアドバイスなさってましたが、あれもこれも
嫌、できない、ここにくれば何とかしてくれると思ったと全く歩み寄る
気持ちはその方にはありませんでした。
約2時間その方は何を聞いていらしたのでしょう。

地域猫活動のセミナーは苦情を訴える場所ではありません。
可哀想な野良ネコを如何に地域の問題として取り組むか、住民も
ねこも如何に穏やかに暮らせるか、みんなで考える場所です。

私の着付けの先生は、普通の人には無い力がありました。
霊は見えるし宇宙とも交信ができました。その先生は、知る人ぞ知る
笹島寿美先生で今では「着物の母」と呼ばれているようです。

私があまりに犬猫を可愛がるものですから笹島先生は私を心配してこう
仰いました。
「お茶々ね~(猫の名前がいつの間にか私のニックネームになっていました)
人間が一番幸せになる権利があるのよ」
何故かこの言葉には素直に納得しました。そうですよね、人間が作った
社会ですから。そしてその権利を使うのも私達人間の判断です。

そして忘れてはけません。権利があれば義務もあります。

以前にも書きましたが我が家の菩提寺の先代住職さんが残した言葉
「人間は弱い者、小さいものを守る義務がある」

更に、結果があれば原因もあります。この世の中のことは全て人間に
原因があります。

猫が嫌いで、その存在までも否定する方々にも早くこのことに気がついて
頂きたいと思います。

人と猫が穏やかに暮らせる日に・・・・・一歩一歩です。
スポンサーサイト
 
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。