NPOねこだすけ 習志野支部 ならしの地域ねこ活動
習志野市で地域ねこ活動を行っています♪ ねこと人が優しく暮らせる町になりますように。
--/--/--(--) --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 Trackback [x] |Comment [x]
 
2013/02/26(火) 02:16:31

テレビのクイズ番組で面白くない諺を知りました。

「猫を引くより皿を引け」これは問題を解決するには
原因を解明せよということだそうです。

以前より常々思っていましたが、故人の言ったことは
間違いがない、しかし猫については間違っている。と。

例えば「猫は三日経ったら恩を忘れる。」昔、糸魚川
から引っ越し先の新居を自分で捜したどり着いた猫が
ニュースになりました。引っ越し先は忘れましたが、
とてつもなく遠い距離でした。

猫が恩を感じ追ってきたものかどうかは解りません。
しかしその猫は飼い主が好きだったのです。だから
何日も、何日もかけて知らない道を新居を探し追っかけて行ったのです。

もうひとつ、「猫は人より家につく。」我が家のお局は18歳、私の
5回の引っ越しに臆することなくついて来てくれています。

以前、我が家で生まれた子をご近所に里子にだしました。そこのご主人は
転勤族でした。私はそのことを知らなかったので、心配していましたが、
何年かのち、奥様が我が家に立ち寄って猫の様子を話して下さいましたが、
大笑いしてしまいました。

転勤が決まると「あなたも一緒に行くのよ」と言うと千代(私が付けた名前
です。)は円形脱毛症になり、新しい土地に馴染むと脱毛症は治るそうです・
脱毛症になりながらも千代も何回も引っ越しについて行きました。

「猫を引くより皿を引け」この諺も間違いです。原因は人間だからです。
皿を引いても猫問題は解決しません。
人間が関わっている全ての問題の原因は人間であると言っても過言では
ありません。

猫問題を解決するのは、地域の住民の力です。住民の方々が立ち上がれば
「ならねこ」もお手伝いができます。そして行政を動かせましょう。

習志野市に猫の主務所管を作って頂きましょう。




スポンサーサイト
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。